2011年07月06日

健康生活手帳

すでに避難所を中心に、福島県から健康調査(問診票)が配布されています。
ここに記入する行動記録は将来的に万一、健康被害が出た場合に
医療費の支給や健康被害にかかる賠償を求める際の重要な証拠になるものです。
ですから、問診票を提出する前に必ず、記入した調査票を
コピーするなどして、控えを取っておくことが必要です。
このブログを読んでくださった村民の方は、
このことをできるだけ多くの村民に伝えてください。

負げねど飯舘でも、健康生活手帳の作成に関わっています。
この取組については4月の時点から議論があったのですが、
なかなか着手できずに時間が経過してしまいました。
村民の皆さんには大変申し訳なく思っています。

私たちは6月に、専門家の先生のご協力をいただいて
作成した健康生活手帳の原案を役場に提出しています。
最終的に私たちの提案がどれだけ反映されるかは分かりませんが、
近いうちに、村民の皆さんのお手元に健康生活手帳が届くことと思います。

ただし、役場の判断として対象が全村民とはならず、
子どもや若い世代に対してのみの発行となる可能性はあります。
この場合、希望される方々には、負げねど飯舘から
健康生活手帳をお渡しできればと考えています。

県の健康調査も、これから発行される村の健康生活手帳もそうですが、
3月の行動を思い出すのは至難のわざです。
そこで、記憶をたどる上で少しでもその手助けになればと、
3月11日以降に起きた村内の主要なできごとを整理した
「できごとカレンダー(暫定)」を作成しました。
これは負げねど飯舘のホームページからダウンロードできますので
ぜひお役立てください。
とは言っても、ホームページにアクセスできる村民は極めて
少ないですので、このブログをみてくださった村民の皆さんの
口コミに頼る部分も大きいです。
よろしくお願いいたします。




posted by 負げねど飯舘!!メンバー at 22:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。